086-255-7200

〒700-0025
岡山県岡山市北区寿町11-12

初診予約 初診の事前申し込みはこちら

岡山市北区の整形外科、リハビリテーション科 仙田整形外科医院

腰痛について


肩の痛み
肘の痛み
手指の痛み
膝の痛み
手のしびれ
足のしびれ
腰痛 詳しくはこちら
院長ブログスタッフ募集 詳しくはこちらお問い合わせ 詳しくはこちら
※左記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

腰痛の分類

「非特異的腰痛」 〜約85%

腰痛の85%は、種々の検査を行っても原因を特定できない 「非特異的腰痛」 と言われています。
原因不明の腰痛なので治り難いと誤解されがちですが、大部分は、筋肉や関節などに由来する腰痛なので心配は無いでしょう。

「特異的腰痛」 〜原因がはっきりした腰痛。約15%

これらの原因には次のようなものが考えられます。

脊椎由来の腰痛

  • ぎっくり腰(急性腰痛症)
    急激に発症した腰痛の総称で、重い物を持ったり腰を捻ったり、前屈みの姿勢から元にもどる時などに発症することが多いです。
    原因としては、背中の筋肉や関節、椎間板、靱帯に負担がかかり痛みが出ると考えられています。
  • 筋・筋膜性腰痛症
    筋疲労や姿勢異常が原因となり、筋肉に負担がかかり痛みが出ます。
    腰痛の中ではよく見られるものです。
  • 腰椎椎間板ヘルニア
    背骨と背骨の間にありクッションの役目をする椎間板が、加齢や重労働などで損傷されて神経を圧迫する事で、腰痛、下肢痛、下肢のしびれが出現します。
    普通のレントゲンでは骨しか写らないので、ヘルニアが疑われる時は、MRIを撮れば診断できます。
    治療としては、安静、消炎鎮痛剤の内服・外用薬、腰椎牽引などで様子を見ることが多いです。これで良くならなければ、ブロック注射や手術を考えます。
    (90% 近くの人は手術以外の方法で良くなると言われています。) 
  • 腰部脊柱管狭窄症
    神経の通り道である脊柱管や神経根管が、骨や靱帯の肥厚により狭くなることによって神経が圧迫され症状が出ます。   
    典型的な症状は、歩行により下肢痛やしびれが出現し歩行困難となりますが休憩することで再び歩けるようになります(間欠跛行)。また痛くて歩けない人も押し車を使えば歩ける、自転車なら何処までも移動できる、といった特徴があります。
    診断は症状である程度予測して、レントゲンやMRIで確定します。
    治療としては、コルセットによる局所安静、消炎鎮痛剤の内服・外用薬、牽引などの理学療法などを行いますが、膀胱直腸障害があったり明らかな筋力低下がある場合、疼痛が強く日常生活に支障を来たす場合などは手術が勧められます。
  • 腰椎分離症
    スポーツなどによるストレスの繰り返しの結果、椎弓という部分に起こる疲労骨折と考えられています。
    通常は腰痛だけで、しびれなどの神経症状はありません。
    診断は普通のレントゲンで分離部が確認できますが、判り難い場合はCTを撮影することもあります。
    治療としては、分離早期のものはコルセットによる固定とスポーツの休止で分離部が癒合する可能性がありますが、脊椎がずれることがあり、こういう場合は手術が必要になることがあります。
  • 脊椎骨折
    これには、交通事故や転落などの大きな外力で生じるものと、骨が脆くなっていて軽微な外傷あるいは明かな外傷なしに起こる場合があります。
    折れ方が酷いと神経が圧迫されて下肢のしびれや筋力低下、膀胱直腸障害が起こることがあります。
    診断は普通のレントゲンで分かることが多いですが、はっきりしない場合はMRIやCTを撮ることがあります。
    治療としては、骨折部のズレが少なく神経の圧迫が無ければ安静による治療が基本ですが、折れ方が酷く神経の圧迫がある場合は手術が必要になることがあります。
  • 脊椎腫瘍
    脊椎から生じた腫瘍と他の臓器から転移した腫瘍がありますが、大部分が転移性の腫瘍ですので、以下は転移性腫瘍について述べます。
    骨は肺、肝臓に次いで3番目に転位しやすい臓器で、骨転移の中では脊椎が最も多いです。
    脊椎転移を起こしやすい癌は、乳癌、肺癌、前立腺癌、腎癌と言われています。
    症状は疼痛が主な症状で、進行して神経が圧迫されれば下肢のしびれや筋力低下、膀胱直腸障害が出現することがあります。
    診断は普通のレントゲン、MRI、CTなどが行われますが、癌の場合は原発巣の検索も併せて行います。
    この病気は全身疾患であり、治療や生命予後に限界があるため治療としては対症療法になります。その治療法には、放射線療法、化学療法(抗癌剤)、装具療法、ホルモン治療、手術療法などがあります。状態によってこれらの治療法を組み合わせて治療を行います。

内臓由来の腰痛

  • 急性・慢性膵炎、膵癌〜背部痛を訴えることが多いです。
  • 胃・十二指腸潰瘍~下背部の痛みを訴えることがあり、穿孔すると激痛になります。
  • 尿管結石〜突然の腰背部痛を訴え激痛のことが多いです。
  • 子宮内膜症、子宮筋腫、生理中、妊娠なども腰痛の原因になります。

血管由来の腰痛〜致命的になり易い!!

  • 腹部大動脈瘤~破裂すると突然の激しい腰痛・腹痛が出現します。
  • 解離性大動脈瘤、大動脈解離~突然の激しい胸背部痛を訴えます。

心因性の腰痛

・痛み刺激が加わると、脳の一部からドーパミンという神経伝達物質が放出され、これによりオピオイドという鎮痛物質が産生されます。

・ストレス、不安、うつ状態などがあると、痛み刺激に対するドーパミンの反応性が低下し十分なオピオイドが産生されなくなり、痛みが続くことになります。
治療としては、一般的には鎮痛剤の効果が少ないため、抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不安薬、抗精神病薬、オピオイド、などが有効な場合があります。この他、心療内科などでの治療が必要になることもあります。


PageTopへ戻る