手関節、手指の痛み

  • HOME
  • 手関節、手指の痛み

腱鞘(けんしょう)炎

腱鞘(けんしょう)炎にもいくつか種類があり、代表的な物が指を曲げる腱(けん)に起こる炎症のばね指と、中でも親指を動かす腱(けん)に起こる炎症をド・ケルバン病と言います。
ばね指は指先から3番目の関節に起こる事が多く、女性に多く見られます。痛みのために指の曲げ伸ばしが制限され、曲げた状態から引っかかって伸びなくなる事もあります。同じくド・ケルバン病も女性に多く、手指の親指側で起こる事が特徴です。
共に治療法としては、安静にする事、消炎鎮痛剤(内服薬、外用薬)の使用や局所注射を行い、これらで作用が無ければ手術をする事があります。

手関節の骨折

転んで手を突いた時に起こることが多く、橈骨(手首の親指側の骨)や尺骨(手首の小指側の骨)の両方が折れることもあります。ズレが強ければ、徒手整復(外から押さえたりひねったりしてできるだけ元の位置に戻す)を行います。その後、ギプス固定を行いますが、すぐにズレる場合や十分に整復できない場合は手術を行います。ズレたまま治ってしまうと手首の動きが制限され、日常生活に支障を来すことがあるため、しっかりした治療が必要です。

手指の骨折・靱帯(じんたい)損傷

指を突いたり打撲したりして生じますが、腫れや痛みが強い時は、単なる突き指や打撲ではなく、骨折や靱帯(じんたい)損傷の可能性が高いので早期の病院受診をお勧めします。治療としては、ズレが強ければ徒手整復し固定、すぐズレたり整復ができない場合は手術を行うことがあります。靱帯(じんたい)損傷も程度が強ければ手術が必要になることがあります。